気分はゴムとび

招き猫

福を呼び人を招くと言われる招き猫は、江戸時代の後期に始まりました。
明治時代に盛んになり今に至っています。
招き猫には三毛猫が多い。
三毛猫の雄は、幸運を招くという俗信からきていると思われます。
最近では風水の影響でしょうか
白色招き猫は、福を招く。
黒色招き猫は、黒は魔よけの意味から厄よけ。
赤色招き猫は、病を防ぐと言われています。
ピンクの招き猫は恋愛運向上。
緑の招き猫は学問運の向上といろいろな色があります。
「金運」を呼ぶというので黄色いまたは金色の招き猫もみられます。

白色招き猫  赤色招き猫 ピンク色招き猫 緑色招き猫 青い目の招き猫

また、持ち物も標準では、小判が多いです。
最近の招き猫さんの持ち物は、実に多様になりました。よく見ると楽しいですね。


右手を上げている招き猫は、お金や福を招くといわれています。
左手を上げている招き猫は、お客様や人を招く。
上げている手が高ければ高いほど遠くの福や客を招くともいわれています。
両手を挙げた招き猫は、万歳猫。
右と左の縁起を担ぐ欲張りな招き猫です。
ただ、両手を上げるのがお手上げの状態に見えるとも言われています。

no1からno60までの招き猫コレクション右招き猫 No.001~No.060

no61からno100までの招き猫コレクション左招き猫 No.061~No.100

no101からno120までの両手招き猫猫コレクション両手招き猫 No101~No120

猫グッズ

いつの間にか家の中にあふれている猫グッズ。
お店の窓辺の招き猫。
お部屋の隅に猫の置物。小物。猫の絵の服。
あ 愛嬌たっぷりの猫の表情はたまりませんね。
古代エジプトの時代からペットとして可愛がられた猫たち。
いろいろな形で表現されています。
我家の招き猫 猫グッズコレクションを紹介。
ドライブイン、お土産屋さん、雑貨屋さんに寄ると隈なく猫チェック!している貴方も猫ファン。
江戸時代に生まれ、明治・大正・昭和・平成と約200年の間庶民に愛された「招き猫」。
お金を招き、人をまねく「招き猫」

一番オーソドックスな招き猫の紹介から始まり始まり・・

クリックしてみてね。

あなたといっしょの猫グッズ・招き猫あるかな?(=^。^=)

no121からno200までの猫グッズコレクション猫グッズ No.121~No.200

 

右手招きシャム猫 黒招き猫 赤招き猫 布製の猫ぬいぐるみ 木製の猫さん 俳句を一句猫奥様

ページのトップへ戻る